主婦の辛いところはどういう点ですか?

★ このページの総閲覧数:8,740PV

主婦の方の大変なところと良いところ…、皆様のご意見をお聞かせ下さい。

口コミ投稿フォーム









※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


ギロロさん 

毎日のご飯。
はるか昔は、ご飯味噌汁あと一品、しかも魚焼いただけとか。
世の中便利になったけど、食に関しては
面倒になったな…。

Goodと思ったら押してね!
+2

こはるさん 

フルで働いて家事もして旦那の夜の相手もしなきゃいけない事。
これに子供が居たら子供の世話、PTA、ママ友、etc...
そんな中、風邪引いて今日は営み無理と言ったら旦那から俺は移らないから大丈夫と言われた時ですかね、、、、

Goodと思ったら押してね!
+2

えーさん 

働かないで生活させてもらってる所は良い。
どんなに具合悪くても主婦業休めないのは辛い。

Goodと思ったら押してね!
0

肩凝りハンパ無いさん 

平日、仕事から帰り買い物して
帰ってから昼ご飯を急いで食べて
学校に迎えに行く
帰ってから洗濯を畳み
夕方また学校に迎えに行く
帰ってから夕飯の支度やら色々…
土日休みでも私の行動はほぼ変わらない
1週間位なにもしない日が欲しい
本当に疲れる

Goodと思ったら押してね!
0

嫁ちゃまさん 

旦那がうざすぎるところ

Goodと思ったら押してね!
+1

世界中の嫁の味方さん 

小姑の存在

Goodと思ったら押してね!
0

無理さん 

良いところなんて何もない。

Goodと思ったら押してね!
+2

男になりたいさん 

フルで仕事して、元々家事が嫌いなのに頑張って夕飯作って、でもたまにお惣菜買っておかずの足しにすると子供に文句言われる。優しい子供に育たなかったのは自業自得かもしれないけど何もやってないと罵倒されるのは腹が立つ。じゃあ何もしないって言うとさらに突っかかってきて毎日バトルの日々。1人になりたい。仕事だけしてればいい男の人が羨ましい。

Goodと思ったら押してね!
+4

子供大好きさん 

子育てがあるので自分の時間はなくなる。全て子供の為、子供の命を預かっているって感じで仕事のミスより怖い。
子供のけがや病気は私の責任で、子供の成長は子供自身の成果。
だから褒められず労われず、疲れたとも主張できず、でも疲れがとれることは無いのに、家族を労ってあげなきゃいけない。
良いところは、子供がお昼寝の間は一緒に寝ようがおやつにしようが自由。
お出かけもできるし、好きなものもある程度食べられるところかな?あとは仕事の時のように、頭を下げることがないこともいいことかも。可愛いこどもをひとりじめ、子供&わたしで思い出たくさん作れること、子供といるとご近所やスーパーで簡単な会話をしてもらえたりすることかな

Goodと思ったら押してね!
+7

うるさい嫁さん 

主婦で一番大変なのはやっぱり家事それも料理ですね。
掃除は仕事をしているので週に1~2回でも許されていますが同居しているので料理を手抜きは基本できません。
しかも現在小姑が二人目出産の為居候しているので食費代が馬鹿にならない。
小さい子もいるので大人だけの食事と違って味が濃くならないか気をつける。
作っても作ってもすぐになくなるしメニューを聞いても「何でも良い」としか言わないから毎回考えるのが面倒になってきました。

Goodと思ったら押してね!
+6

にゃんこさん 

結婚して、専業主婦になり最初は暇で暇で
人と触れ合いがなくなり、取り残された感じがして。1日 人と話さない事もあったりで。
すぐ仕事復帰しちゃった程でした。

出産し、また専業主婦に。
子供が出来てからの専業は辛かった。
やることも、なにもかも。プレッシャーで
今まで年に1度くらいしか会わなかった義両親との付き合いが増え。孫フィーバーな意見にストレスになり。更に旦那もお花畑。気付かせるまでに時間かかったし。

下の子も入園したけど、それはそれで
幼稚園のお母さんとの付き合いが増え。

子供が出来てから 母親は365日休みなしってのは実感しました。
旦那は日曜のみ休みだけど、休みって頭があるからか遊びにいったりするけど
こっちは、朝から子供達の準備や荷物
洗濯して部屋の掃除して等 帰ってきてからの事も考えちゃうし。

旦那は激務だし、これで仕事復帰したら
うちは回らなくなると思う躊躇しちゃいます。

お母さんは、病気にならず
いつも働いているって家族全員が思ってるんじゃないかな。

良いところは、子供の成長は間近で見れることでしょうか。あと、時間の使い方は自由です。
お金があれば習い事やエステだって、空いてる平日に通えるし。
疲れた時は、旦那抜きで外食すること。
旅行も、行きたい所を決められたりすることかな。。

Goodと思ったら押してね!
+9

専業主婦4年さん 

専業主婦4年、働き始めて半年になります。
まず専業主婦で大変だったのは
家事を完璧にしなくてはならないというところでした。

特に子供が生まれる前は、暇を持て余していたので
家事が苦ではなくむしろ完璧にしなければ気が済まないという感じでした。

そのうち子供が生まれると一気に状況はかわり、子育てで精一杯になります。

誰かに責められるわけではないのですが
散らかった部屋を見るとなんとも言えない嫌悪感が起こったり
食事も手を混むことができず、ストレスもたまりました。

同じ状況でも家事を完璧にこなす人を見たるすると
嫌な気分にもなったりしました。

そのうち子供が幼稚園などに行きだすと
一気に楽になり、友人とランチに行ったり
買い物に行ったり楽しく過ごせ
平日の昼にそんなことができるのは専業主婦の特権ですね。

ただ、そんな遊びまわっていて夕食の品数が少なかったりすると
旦那さんに少し嫌味を言われたりします。

専業主婦だと使えるお金も限られるので
安さメインのランチや服など、不本意な買い物が増えたりしました。

私の場合ですが、ダラダラ過ごすことも多かったので
仕事をしてメリハリをつけたい。と思うようになり
仕事を始めることになりました。

今現在は、仕事と家事の両立で
はっきり言って家事を怠っていると思います。

でも旦那さんの協力もあるし
金銭面でのストレスも少なくなったし
外に出て社会と触れ合える時間があるので充実しています。

同じ主婦でも、私には専業主婦にはむいていなかったなと感じています。

それでも専業主婦の経験を生かし
色んな仕事の幅も増えましたし、よかったと思っています。

Goodと思ったら押してね!
+21

楽しいですさん 

良いところは、家族のために一生懸命無償で尽くせるところです。
感謝のあるなしではなく、自分がやりたいからやるという気持ちが自然にわくのが楽しいです。

たとえば他人に何かしてもらおうと思うと、ボランティアでないなら金銭のやりとりが生じます。
金銭なしでできるのが主婦の仕事です。そういうところには愛情しかないですから、愛情だけで成り立つ仕事なので、喜びがわくんだと思います。

そして、一生懸命やっているうちに、自分が楽しくなるほど力がついてきます。
たとえば料理ですが、だんだん研ぎ澄まされておいしいものが作れるようになってきます。

私は趣味を充実させる時間があったので、手芸も一通り体験して、その中でも好きなものは本を見れば何でも作れるようになり、フリーマーケットで売れるくらいのものも作れるようになったのが、主婦になってからの良かった事です。

大変なところは、自治会とかPTAなどです。主婦になると避けられません。
普通仕事をすれば、手当てが出ますが無償の仕事ですから。無償でもやりがいがあれば良いですが、行ってもどうでも良いような会議ばかりです。

公園の草むしりとか掃除なら、仕事している感じがあっていいと思うんですが、もっと効率よく運営されてたらなぁとおもいます。
子育ては大変ですね。特に産まれて園に上がるまでの子がいる主婦は大変だと思います。目が離せないですからね。

子育てに手助けのない主婦は、気持ちも切羽詰ると思います。
私は介護の経験がないですが、介護している主婦も大変です。食事の世話や病院通いの付き添いなど自分の時間がないほどになったら大変だと思います。

Goodと思ったら押してね!
+15

いまは専業主婦さん 

私は、最近まで仕事をしていましたが、いまは専業主婦をしています。仕事をしているときは、仕事と通勤時間で、自宅にいる時間が少なかったので、晩御飯の準備と片づけをするだけで精一杯でした。共働きなので家事は協力しようと話し合っていても、結局、女性が全部の家事を負担する日が多くなりがちです。お弁当は手抜き、洗濯は週末にまとめて、部屋が多少汚くなっても掃除をする時間が無い状態で、寝る時間も無くなって、毎日イライラしていました。主婦になってからは、毎日、きちんと家事ができます。部屋に洗濯ものが貯まって、イライラすることも無くなり、家事をしない夫に対しても、優しく接することができるようになりました。夫や家族は、私が主婦をすることに対して不満は無いのですが、共働きをしている友人や元職場のかたからは、結婚したから仕事を辞めるなんて、おかしいんじゃないかという主旨の発言があり、悲しくなりました。私はまだ子どもがいないので、専業主婦をすることに抵抗があります。けれども、実際に共働きを経験してみて、その大変さを知り、わたしにはとてもできないなと感じました。外で働いていない分、収入は減ってしまいましたが、これからの妊娠に向けての情報を集めたり、栄養のことを考えたり、スーパーでお買い得な商品を発見する楽しみも見つけました。時間に余裕がある日には、在宅ワークをして、少しだけ金銭を稼いでいます。少しだけでも働くことで、お金を稼ぐしんどさを忘れないでいることができ、夫に仕事を頑張ってくれてありがとうという気持ちを持っています。主婦は無職と一緒だと思って、引け目を感じたときもありましたが、いまは自分のできる範囲で、しっかりと主婦の仕事を頑張ろうと思っています。

Goodと思ったら押してね!
+20

家事はやって当たり前?さん 

日々のお金に換算できない仕事が多いことです。
掃除にしろ、洗濯にしろ生きていくのに
必要なことなのに毎日の出来事のため
評価がされにくいところです。

家ではありきたりのことで感謝されにくい部分ですが
やらないと生活が回らないので大変です。

家政婦さんを雇う人も居るくらいなので
もっと世間的に価値があってもいいと思います。

近所付き合いも主婦にはとても大変です。

仲良くならずとも近所の人とは
ゴミのこともありますし、最近では不審者も多いので
ある程度の認識関係は必要になっています。

ご近所さんとのトラブルが一番のストレスになるようなので。
また義理の両親との関係は一番頭を抱えることです。

全く関係ない価値観の違う人間が主人以外に居ることと
それに気を使わなくてはならないこと。

これが何より主婦には大変なことかもしれません。

社会を一線をおいてしまう
専業主婦はより価値観が小さくなりがちなので
大変なことを抱えがちな気がします。

ただ、主婦のいいところは自由な時間が多くあるということです。

時間に縛られているとはいえ
好きなことを有意義に出来ている気がします。

生活も基本は主人給与ベースのため
生活を支えている(経済的に)感があまりなく
好きな感想を好きなだけ言え
自分なりに手を抜いてしまってもあまり家族ないでは問題になりません。

力をうまく抜いて疲れやストレスを和らげている気がします。

大変なことといいところが混在していて当たり前なのですが
私の場合はいいところの方が少し、多いと思います。

女性ならではの情報網(口コミ、ワイドショー、雑誌、webなど)を
駆使してより充実しようと言う意識が強いことも
主人よりは自由な時間が多いのかもしれません

Goodと思ったら押してね!
+16

子供さん 

主婦歴2年目です。
妊娠中は自由の身なので、家でゴロゴロしたり好きな時間に寝て、好きな時間にテレビ見てと結構自由な時間を過ごせていました。

買い物は安い広告がでたら毎回買いにいっていますが、買い物も意外と疲れるもので、買い物したら終わりじゃなくて、家に着いたあとの荷物整理が結構大変だったりとします。

でも、一日中働いている人に比べたら全く比にならないほど自由にすごせれていたと思います。

そして、子供が産まれてからの主婦生活は、妊娠中との生活のギャップに驚きました。

まず、赤子の時は、自分の時間が取れない、そして、赤ちゃん中心になるので、今まで家事をスムーズにできていたことが、スムーズに自分の想い通りにできなくなったことです。

わたしは、基本おおざっぱなのですが、家事育児は完璧にしたいと思い結構そのギャップが堪えました。

思い通りにならないイライラ、子供は音をたてたらすぐ泣くので、寝ている時は何も出来ない。起きたら相手したり、お乳あげたりで結局家事はおろそかになるばかり。

買い物も、小さな子をつれていくので、片手に買い物の荷物、片手に子供、たまに、背中に子供、両手に買い物袋。家についても、背おったまま荷物整理。もし寝ていたらおろすのもそーっと、ゆっくりと。こんなに神経すり減らす頃はないだろうというくらい子供が産まれてからは敏感になりました。

子供が1歳くらいになってからは、赤子ほど大変ではないですが,自我が出てくるため、買い物はだだこねたりで結構体力仕事なきがします。

たまに家にずっといるとむなしい気持ちにもなりますが、子供がいる時は、子供との時間を大切にできる時間だと思って主婦をさせてもらっています。

Goodと思ったら押してね!
+22

あゆみさん 

主婦七年目です
私から目線の大変な事
書いてみます

○ご近所付き合い
挨拶程度ではもちろん大変なんて微塵も感じないでしょうね
大変なのは近隣騒音もありますが
もっと大変だったことは

<集団購入時の主婦たちの井戸端会議>
これは寒い日や炎天下では地獄です
雨の日などはもちろん部屋に帰れません
気にしなければいいと夫や関連のない地域の知り合いは言いますが
この井戸端会議は地域の情報や子供の学校の情報
そのような情報をちらほら教えてもらえたりします
嫌なこともありますがマイナスだけではないのです
抜けるに抜けられません

この時に保険勧誘やマルチ商法勧誘などの軽いジャブが入ったりします

<自治会役員>
主婦だから出来るとよね?と役割を押し付けられます
私は当時まだ子供が生まれたばかりで引っ越しをして間もなく
(引っ越しのあいさつ回りは絶対行ってよかったと思います)
役員になってご挨拶廻りや自転車シール配布
行事に向けての会合、注意文書の作成などがありました
月に数回とは言いながら赤ちゃんを抱えては大変でした
ですがご近所同士連携して暮らしやすくなったことに変わりはありません

○子供の行事参加
主婦なので子供を幼稚園に入れています
仕事が無いのでと先生にクラス役員を頼まれました
断る理由もありません
お母さんたちの食事会の準備や通達のやり取り
運動会などの手伝いや卒園食事会の準備がとても神経をすり減らしました
良いとこは自分の名前や子供の名前をいち早く覚えて頂いて
優しい言葉をかけてもらえたことです

大変だなーだけど良いこともあったなと感じたのはこんなところでしょうか

Goodと思ったら押してね!
+22

1児のママさん 

1児の母で専業主婦をやっています。夫が自営業なので3食毎日作らないといけないところがサラリーマン家庭と違い大変です。加えて子供の離乳食も作ってます。夫は洗濯物干しやお風呂掃除はやってくれるものの料理は全く出来ません。ので、料理が一番大変です。

サラリーマンなら夫の昼食は気にせず自分が適当に食べるだけで済むのですが、手が一切抜けません。その分料理は多分上手になっていくだろうとは思うのですが、それでも家事の2/3は料理の下ごしらえや準備だったりします。そんなことやってるとあっという間に1日が終わってしまいます。

ただ、夫が仕事をしていても家にいるので、その分の安心感はあります。子供もまだ小さいので何かあった時に頼りになるということと、子供とちゃんと毎日すれ違い生活になることがないので育児の環境としてはいいかと思います。おかげでパパになついてくれています。

自分の時間は今は1~2時間程度です。といってもトータルでそのくらいというだけで、まとめてもらえるというよりもちょくちょく暇をみつけては休んでる感じなので、休んだ感はあまりありません。

大体夜時間を作るようにしていますが、自分の時間が終わったあとも次の日の準備があるので、丸1日オフという日はありません。子供が歩けるようになったらもっと大変になり多分自分の時間はなくなるかと思います。

子供が幼いうちは専業主婦をさせてもらえてるのであまり不満はありませんが、結構疲れます。あと夫と仲いい時はいいのですが、喧嘩するとお互い一緒にいるので逃げ場がないのがネックです。

Goodと思ったら押してね!
+26

聖子さん 

正直言って大変なところだらけです。生まれ変わったら結婚はしたくないです。
一番大変だと思うのは、夫の親族との付き合いです。特に夫のきょうだいとの付き合いには悩ましいところが多々あります。

夫の妹は国際結婚をして海外に住んでいて、1‐2年に1回くらいの割合で家族を連れて帰省します。私にとって難しいのは、その時の対応です。日本と海外との文化や慣習の違いから、好みがうるさくこだわりもあるので、私はどう対応してよいのか全く分からないのです。

誰かに間に入ってもらわないと、とてもお付き合いできません。実際私は、義妹が帰省した時にトラブルを起こしたことが何度もありました。夫の両親や伯叔父母、いとことの付き合いについては、義妹との付き合いほど大変な思いをしていませんが、それでも何かと気を使うところはあります。

夫は自分の親やきょうだいともっと密な付き合いをしてほしいと望んでいるようですが、そうすると私の方が疲れてしまうのです。私は母方の親族とは密な付き合いがありましたが、父方の親族とは全くといってよいほど付き合いがありませんでした。

このため母が父方の親族とどのように付き合っていたのか、どんな点で大変な思いをしたのかを知らず、ロールモデルがいないままで私は結婚してしまいました。結婚は当人同士が一緒に暮らしていければよい、というわけではありません。配偶者の親族との付き合いがあって結婚は成り立つものだと考えても、決して過言ではないと思います。

最後に、主婦のよい所をあえてあげるとすれば、身内や世間から偏見の目で見られないことです。最近は中高年になっても独身の人が増えてきているようで、実際私の知人には40代や50代で独身の人が何人もいます。とはいえ世間一般に視野を広げてみれば、独身の人に対する偏見の目はまだまだあるのが現実で、そうした偏見によるプレッシャーに煩わされなくて済むのが主婦のよいところといえるでしょう。

Goodと思ったら押してね!
+22

大変さん 

私は夫の起業とともに、それまで働いていた会社を退社し、専業主婦になりました。それは、まだ起業したばかりで、人件費を払えない夫のために、仕事を手伝うためでした。どこでもそうですが、夫が会社でも何でも、何かを始める時、1番大変な思いをするのは、奥さんです。

仕事で疲れた体に、ムチを打つような気持ちで、家事をします。夫にだけ食事をさせ、私は疲れきって眠ってしまった事も何度かあります。それまでは、夫が貰ってくる給料と、私の給料で、何とか生活が出来て、少額ですが、蓄えもありました。

しかし、起業する、という事は、見えないお金が出ていくという事でもありました。蓄えもたちまちなくなりました。そんな時に、夫が仕事を請け負った先が、有名な詐欺会社だったらしく、お金の回収が出来ず、私達は多額の借金を背負うはめになってしまいました。夫は、文字通り身を粉にして働いていますので、これ以上どうする事も出来ません。

結局私が両親に頭を下げて、金策をしました。このように、何かあった時、1番動き回らなければならないのも、奥さんです。しかし、最近は夫の仕事が、少しずつですが起動に乗って来ました。まだ借金返済中ですが、何とかやっていけるようになりました。人手も確保出来たので、私も現場に出る事はなくなりました。何だかんだと言いながら、今は余裕も感じる事があります。生活に余裕を感じると、不思議なもので幸せを感じる事もあるのです。

あの大変な時を、二人で何とか切り抜けたから、今があるのかな、と思う事もあります。大変な時は、1番バタバタしないといけないけど、余裕が出てきたら、1番幸せを感じる事が出来るのが主婦かなあ、と思います。

Goodと思ったら押してね!
+18

ママる , USA 0.0 0.0 30 30 毎日のご飯。はるか昔は、ご飯味噌汁あと一品、しかも魚焼いただけとか。世の中便利になったけど、食に関しては面倒になった
Page:
12

よく読まれている記事

関連記事

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る